自作パソコン

簡易水冷Corsair h150i pro rgbのレビュー

こんにちは、ガマ太郎です!

一月も、もうそろそろ中盤。大学受験生の方が多くいると思います。頑張っていきましょう!皆さんが合格することを祈っています。

今回は、私の自作パソコンで初の簡易水冷クーラーとなるCorsair h150iをレビューしていきたい思います。

ラジエーターを取り付けるのが大変でした^^;

Corsair h150iの仕様

まずは、Corsair h150iの仕様から見ていきましょう。

  • Corsair Linkに対応した360mmサイズの水冷一体型ユニット
  • 最新のIntel&AMD CPUソケットに対応したユニバーサルデザインを採用
  • ファンレスオペレーションに対応したZERO RPM MODE
  • RGBイルミネーションを搭載したポンプヘッド
  • 高い熱伝導効率を実現する銅ベースプレートを採用
  • 信頼性を高めた独自のカスタムチューブ
  • ML Series 120mm PWMファン3基標準搭載
  • 5年保証

・Corsair LinkというCorsairのドライバーで、ファン制御やCPU温度、ファン回転数のモニタリングができるようになっています。360mmサイズのラジエーターを搭載した水冷一体型CPUクーラーです。

Intel LGA2066/2011-V3/2011/1366/1156/1155/1151/1150

AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/AM4/FM1/FM2/FM2+

幅広いソケットに対応していて、幅広いシステム環境に使えます。

・Corsair Linkの制御でCPU温度に応じてファンの回転を完全に停止してくれるZERO RPM MODEを搭載

・RGBイルミネーションを搭載したポンプヘッドで、CorsairLinkでカラーの制御も可能。

・高い熱伝導率を実現する銅をベースプレートに採用。

・ゴム製のチューブを採用しており、柔軟に設置することが可能。劣化にも強く水漏れ、揮発の心配がありません。外装は布巻を施してあるので耐久性が向上。

・磁気浮上ベアリングによる非接触軸受を採用した、ML Series 120mm PWMファン3基標準搭載しています。従来のボールベアリングやオイルの潤滑による軸受と異なり、回転時の摩擦による軸音が発生しないので低騒音。

・安心の5年保証

CorsairLinkダウンロード先 https://www.corsair.com/ja/ja/downloads

仕様は以上です。

続いてはレビューです。

Corsair h150iのレビュー

左がポンプヘッドの画像、右がラジエーターとファンの画像です。
汚くて申し訳ありません。

私が使用して感じたいいところ

  • すごく冷える
  • 騒音が全然ない
  • ポンプヘッドの取り付けがすごく簡単

・Core i7 9700Kのブーストクロック状態でも、最高70度程度とすごくよく冷えます。

定格時での温度の計測画像 左が低負荷状態時温度 右が100%負荷時の温度

ブーストクロック状態にして計測した温度の画像 左が負荷なし 右が100%負荷

ブーストクロック状態にしても、温度が最高70度で抑えられているので、かなり冷えてるといっていいでしょう。

・騒音が全然ないので、集中してPCの作業に取り組めるのがよかったです。

・ポンプヘッドの取り付けは、バックプレートの穴に挿して、手回しナットで固定するだけなのでとても簡単、まったく労力がいりません。

私が使用して感じた悪いところ

  • ラジエーターが大きいので取り付けが大変
  • 説明書にケースの天井にラジエーターを取り付ける方法しか書いていない
  • 説明書が全部外国語

・ラジエーターがすごく大きいので、取り付けが大変でした。私の使っているVersa H26でも入ることは入るのですが、角でぶつかったりして傷がついてしまいました・・・

載っている寸法の数値と実際の数値は違うこともあるので、なるべく大きめのPCケースを買うことをおすすめします。

・説明書は日本語でなく英語その他の外国語です。また、ケースの天井にラジエーターを取り付ける方法しか書いていないので、フロントパネルに取り付けるときは注意が必要です。

以上、レビューでした。

Corsair h150iですが、人気商品のためかどこも在庫問い合わせとなっていて、品薄状態みたいです。しかし、それを待ってでも買ってほしい簡易水冷だと思いました。

簡易水冷をどれにしようか迷っている方は、ぜひ購入することをおすすめします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。また次回の記事でお会いしましょう。