Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/pcyakudatsu/pcyakudatsu.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
SSDのことが簡単に理解できる解説とおすすめのSSD 500GB | 自作パソコンのすすめ
自作パソコンパーツ

SSDのことが簡単に理解できる解説とおすすめのSSD 500GB

こんにちは、ガマ太郎です。

今日はクリスマスイブですね!そして、明日はいよいよクリスマス!自分はくりぼっち!

恋人と過ごす方も、家族と過ごす方も、一人の方も楽しい一日をお過ごしください^^

さて、今回はSSDを簡単に解説とおすすめのSSDを紹介します。

まずは、SSDの解説に入っていきます。

SSDとは?

SSDとは、ソリッドステートドライブの略で、半導体メモリーを使っている補助記憶装置の一種です。もっと簡単にいうと、HDDの代わりとなるHDDよりも読み書きが速いPCパーツです。

SSDには、

1.SATA 2.5インチ

シリアルATA(SATA、Serial ATA、シリアルエーティーエー、エスエーティーエー、エスアタ、サタ)とは、コンピュータにハードディスク、SSDや光学ドライブを接続する為のインタフェース規格である。2010年時点において、SCSIやパラレルATAに代わって主流となっている記録ドライブの接続インタフェース規格である。

(引用元 シリアルATA-Wikipedia)

特徴

  • mSATA,M.2より容量あたりの価格が安い
  • 一般的なノートパソコンにも搭載できる

2.mSATA

mSATAは“Mini SATA”の略で、ケーブルを使わずにPCへ取り付けられるSATA規格コネクターの仕様のひとつだ

(引用元 mSATA SSDって、フツーのSSDとなにが違う?-ASCII.jp)

特徴

  • SATAケーブルなしで接続できる
  • 主に薄型ノートパソコンに用いられている
  • 自作PCを小型化するのに適している

3.M.2

M.2(エムドットツー)(旧称: Next Generation Form FactorNGFF)は、コンピュータの内蔵拡張カードのフォームファクタと接続端子について定めた規格である。

(引用元 M.2-Wikipedia)

特徴

  • 容量あたりの価格が高い
  • 通常のSSDよりも高速
  • 自作PCを小型化するのに適している
  • ケーブルなしで接続できる

以上の3種類SSDがあります。どれを選ぶかは、予算などの関係もありますが、とにかくPCを速くしたいと思う方はM.2を選ぶことを強くおすすめします。

それでは、ここからはSおすすめのSDとM.2の紹介をしていきます!

まずは、2.5インチSSDから

おすすめの2.5インチSSD 500GB

1.Crucial SSD 500GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 9.5mmアダプター付 CT500MX500SSD1/JP

価格 8,618円(Amazon 2018/12/24時点の価格)

特徴・機能

1.Micron 3D NANDフラッシュテクノロジーを採用している

2.シーケンシャル読み込み速度最大560MB/秒、シーケンシャル書き込み速度最大510MB/秒

3.ハードウェア暗号化

4.データ保護機能

5.高耐久性

6.RAINテクノロジー採用

7.統合型電源損失耐性

おすすめのポイント

1.信頼性の高いCrucial製のSSD

2.Micron 3D NANDフラッシュテクノロジーを採用している

3.読み込み速度が速い

デメリット

1.同容量の他のSSDと比べて価格が高い

2.サポートの対応が悪い

価格が同容量の他のSSDと比べて高めですが、高い信頼性と性能を有しているので、すごくおすすめです。ただし、Amazonでのレビューでも結構見かけるのですが、サポートの対応が悪いので、サポートの対応が気になる方は、ほかのSSDを検討するといいでしょう。

M.2 500GB

1.Samsung SSD 500GB 970 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 5年保証 正規代理店保証品 MZ-V7E500B/EC

価格 18,797円(Amazon 2018/12/24時点での価格)

特徴と機能

1.V-NANDを採用

2.シーケンシャル:読み出し3,400MB/s 書き込み2,300MB/s

3.耐久性が高い

4.優れた放熱

おすすめのポイント

1.信頼性が高い

2.爆速

3.放熱が優れている

デメリット

1.価格が高い

M.2を買う最大の理由は、読み書き速度がとても速いことです。最大のデメリットは、価格が非常に高いことです。ロマン溢れる自作PCを作りたい方には、すごくおすすめです。注意点として、M.2は発熱がすごいのでヒートシンクも一緒に買うことをおすすめします。ハイグレードのマザーボードにはついていることが多いですが、ほとんどのマザーボードにはヒートシンクがついていないからです。

 

以上、おすすめのSSDの紹介でした。

パソコンの動作が遅いと感じている方は、SSDを導入することを強くおすすめします。SSDを導入するだけで、パソコンを使っているときに感じるストレスがかなり激減します。

ぜひ、今回紹介したSSDや予算にあったSSDでもいいので、購入を検討してみてくださいね^^

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。