Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/pcyakudatsu/pcyakudatsu.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
コストパフォーマンス優秀かつ80PLUSGOLD認証のおすすめ電源3選 500w編 | 自作パソコンのすすめ
自作パソコンパーツ

コストパフォーマンス優秀かつ80PLUSGOLD認証のおすすめ電源3選 500w編

こんにちは、ガマ大学生です。

今回は、PCパーツの中で最も重要なパーツである電源を紹介します。

電源には、80PLUSという電源交換効率を示す認証規格があります。また、スタンダード、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナム、チタニウムの6つの段階に分かれており、チタニウムが最高の電源交換効率となっています。

電源の説明は、以下の記事を読んでいただければさらに理解が深まります。

あわせて読みたい
自作パソコンは難しい?簡単?高い?安い?そんな疑問を解消させますこんにちは、パソコン・自作パーツに役立つ商品を紹介お届け便です。 今回は、商品の紹介ではなく、自作パソコンのやり方と様々な疑問につ...

今回、紹介するのは80PLUSGOLD認証の550w電源です。

大量の消費電力を要しないグラフィックボードやCPUなどを使用しなければ、大概は550wで足ります。また、550wぐらいの電源は、それほど高くないのも魅力的です。

それでは、紹介していきます。

おすすめの電源 80PLUSGOLD 500w 3選

1.ENERMAX ERX550AWT-DP (550W)


上の画像をクリックすると商品購入ページ(ドスパラ)に飛びます。

価格 9,700円(ドスパラでのみ販売)

商品の特徴

1.80PLUS GOLD

2.静音性と耐久度に優れるツイスターベアリングファン

3.13.9cmの大型ファン

4.ダストフリーローテーション

5.日本メーカー製105℃電解コンデンサー

6.電源コード抜け防止機構

7.セミモジュラ式

8.ATX規格

1.*80PLUS GOLD認証を取得しているので、電源交換効率が高く、電源の性能を効率よく供給することができ、消費電力を小さくしてくれます。

*80PLUS GOLDは、電源交換効率が90%の電源にランク付けされる認証規格です。

2.静音性と耐久度に優れるツイスターベアリングファンを採用しているので、摩擦抵抗が少なく、滑らかな回転ができるので静音性が高く、また回転振動を抑制してくれるマグネスティックボールを使用しているので耐久度が高いです。(寿命:160,000時間)

3.13.9cmの大型ファンを使用しているので、少ない風量で高い風量を出してくれるので、冷却性能が高いです。

4.ENERMAXの特許技術であるダストフリーローテーション技術によって、電源を押してから10秒間逆回転し埃を吹き飛ばしてくれるので、冷却性能の低下を防ぎ、コンデンサの劣化も防いでくれるので、長寿命を保たせてくれます。

5.日本メーカー製の105℃電解コンデンサーを使用しているので、安定した電圧提供と高耐久を実現しています。

6.電源コード抜けによる予期せぬシャットダウンを防いでくれるので、ほかのPCパーツへの悪影響が軽減します。

7.セミモジュラ式なので、必要なケーブルはあらかじめ付けられているので、線がごちゃごちゃしにくいです。

8.ATX規格なので、ATX対応のケースにしか入らないので注意が必要です。

長所

1.コストパフォーマンス優秀

2.高性能

3.静音性が高い

短所

1.付属のケーブルが短い

2. Antec NE550 GOLD (550W)



上の画像をクリックすると商品購入ページ(ドスパラ)に飛びます。

ドスパラ←ドスパラ商品ページ

アプライドネット←アプライドネット商品ページ

価格 8,980円(Amazonでの価格)

商品の特徴

1.80PLUS GOLD認証

2.静音性に優れた120mm自動回転数制御ファン搭載

3.全てのコンデンサに日本メーカー製コンデンサを採用

4.ケーブルマネジメントに優れたセミモジュラー仕様

5.小型システムに最適な奥行140mmのコンパクト設計

6.ErP Lot 6 2013をサポート

7.アクティブPFC&ユニバーサル入力に対応

1.80PLUS GOLD認証取得の電源です。

2.120㎜の自動回転数制御ファンが搭載されているので、静音性が高いです。

3.すべてのコンデンサに日本メーカー製105℃のコンデンサを採用しているので、高耐久です。

4.セミモジュラ式なので、線のケーブルマネジメントがしやすいです。

5.奥行きが140㎜とコンパクトに設計されています。

6.ErP Lot 6 2013をサポートしています。ErP( Energy-related Products )指令とは環境配慮設計に関する、欧州連合の新しい指令です。新たにパワーマネジメント機能を追加、電力を必要としないスタンバイモード時は待機電力が0.5W以下に自動調整され優れた省電力を実現します。

7.*active PFC&ユニバーサル入力(100~240VAC)に対応しています。

*active PFCとは、90%以上の*力率改善回路のことで、電力を90%以上使用できる機能のことを指します。

*力率とは、電力の有効成分の比率のことを指します。この力率が高いほど、電力の無駄を削除して省エネ効果を促すことができます。

参考・引用文献 PFCについて

長所

1.静音性が高い

2.日本メーカー製105℃のコンデンサを採用しているので高耐久

3.コストパフォーマンス優秀

4.セミモジュラ式なのでケーブルマネジメントがしやすい

短所

1.付属のSATAケーブルがL字なので挿しにくい

3.Thermaltake TR2 500W V2 -Gold- PC電源ユニット PS633 PS-TR2-0500NPCGJP-G-V2



上の画像をクリックすると商品購入ページ(ドスパラ)に飛びます。

ドスパラ←ドスパラ商品ページ

価格 6,422円(Amazon)

商品の特徴

1.80PLUS GOLD認証取得

2.奥行き140㎜のコンパクト設計

3.「インテリジェントRPMコントロール」対応

4.+12Vシングルレーン設計

5.ErP Lot 6 2013をサポート

6.アクティブPFCとユニバーサル入力に対応

1.80PLUS GOLD認証を取得している電源です。

2.奥行き140㎜とコンパクトな設計になっているので、Mini-ATXケースでも取り付け可能です。

3.インテリジェントRPMコントロール対応なので、電源の負荷状況に応じて回転数を制御し、効率よく冷却してくれます。

4.+12Vシングルレーン設計なので、安定した電力供給をしてくれます。

5.ErP Lot 6 2013をサポートしているので、電力を必要としないスタンバイモード時は待機電力が0.5w以下に自動調整されるので、省電力です。

6.*active PFC回路を搭載しており、高い交換効率と安定性を提供してくれます。ユニバーサルAC入力(100~240VAC)にも対応。

*active PFCとは、90%以上の*力率改善回路のことで、電力を90%以上使用できる機能のことを指します。

*力率とは、電力の有効成分の比率のことを指します。この力率が高いほど、電力の無駄を削除して省エネ効果を促すことができます。

参考・引用文献 PFCについて

 

長所

1.コストパフォーマンス優秀

2.省電力

3.ケーブルが長め

短所

1.直付け式なのでケーブルマネジメントがしづらい

以上コストパフォーマンス優秀かつおすすめの電源 80PLUS GOLD 500w編の紹介でした。

今回紹介した電源はどれもコストパフォーマンス優秀です。電源を新しくしようと思っている方は、ぜひ今回紹介した電源の購入をおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました!また、次回のブログでお会いしましょう。