自作パソコンパーツ

コストパフォーマンスに優れたマザーボードFatal1ty X370 Gaming K4のレビュー

こんにちは、パソコン・自作パーツに役立つ商品を紹介お届け便です。

今回は、筆者が実際に使ってよかったと思うPCパーツ マザーボードを紹介します。

マザーボードってなに?の方は自作パソコンは難しい?簡単?高い?安い?そんな疑問を解消させますを参照!

では、商品を紹介していきます。

Fatal1ty X370 Gaming K4のレビュー

マザーボードには、規格があります。例えば、最新のものですとintelの場合Z370という最上位の規格や今回紹介するAMD専用のX370などがあります。

今回紹介するのは、上述の通りAMD専用のX370となります。

それでは、そのマザーボードに登場してもらいましょう。

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

価格 15,004円(Amazon)

商品の仕様

・【チップセット】AMD X370
・【Socket】AM4
・【規格】ATX
・【CPU】Socket AM4 Ryzenシリーズ 各CPUに対応(Summit Ridge)
・【対応メモリ】スロット数×4(最大64GB) DDR4 DIMM 2667/2400/2133 non-ECC
・【グラフィック出力】HDMI×1
・【拡張スロット】PCIe3.0(x16)×2/ PCIe2.0(x1)×4/ M.2(Key E)×1
・【ストレージ】SATA3 6Gbs×6/ UltraM.2×1/ M.2×1
・【マルチGPU】NVIDIA Quad SLI/ AMD 3-Way CrossFire X
・【インターフェース】USB3.1×2(TypeA+TypeC)/ USB3.0×10
・【ネットワーク】GbE×1(Intel I211AT)
・【Wireless LAN】Intel 802.11ac WiFi Module
・【オーディオ】Realtek ALC1220 7.1CH HD Audio/ Creative SoundBlaster Cinema3

商品の特徴

1.Asrockのバーチャルリアリティ(VR)対応マザーボード

2.カスタムライティング可能なRGB LED

3.Creative SoundBlaster Cinema3

4.IRデジタルPWM

5.Intel LAN

6.スチール製のPCI-Eスロット

7. m.2を挿せる

8.アルミニウム合金ヒートシンク

9.プレミアム 45A チョーク

10.ニチコン製 12Kブラックコンデンサ

11.I.Oアーマー

12.高密度ガラス繊維PCB

13.USB3.1 Type-AとType-C実装

14.m.2 key-EスロットにWifiモジュールを挿すことでWifiが利用可能

15.ウォーターポンプヘッダー

おすすめのポイント

1.コストパフォーマンス抜群

2.かっこいい

3.SLI/Crossfire 3way対応

以上の3点です。

1.コストパフォーマンス抜群

理由としては、主に3つあります。

1.高耐久
2.映像出力HDMI、インターフェースUSB3.1×2(TypeA,TypeC)USB3.0×10と充実

3.RGBで光る

気になる価格は、15,141円(Amazon)とハイエンドクラスながら低価格帯。

2.かっこいい

単純に筆者がかっこいいと感じたので、おすすめのポイントとしてあげました(笑)

3.SLI/Crossfire対応

ハイエンドクラスなので、当然といえば当然ですが、マルチGPU(グラフィックボード)に対応している点もうれしいですね。

ここまでおすすめのポイントを書いていきましたが、デメリットももちろんあります。

デメリットとしては、サイズがATXなのですが、筆者がもっているBIOSTARの規格がB350のATXサイズのマザーボードと比較すると、大きいです。そのため、一部のケースには入らない場合があります。

この商品を買う場合は、ケース選びに注意する点があります。筆者の場合は、ギリギリケースに収まりましたが、運がよかったです(笑)

筆者が思いつくデメリットはこれぐらいです。

この商品が気になった方はぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

↑画像をクリックすると商品ページに飛びます。

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

 

最後までご覧いただきありがとうございました!また次回のブログでお会いしましょう!