Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/pcyakudatsu/pcyakudatsu.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
おすすめのCPUクーラー3選と空冷CPUクーラーの選び方 | 自作パソコンのすすめ
自作パソコンパーツ

おすすめのCPUクーラー3選と空冷CPUクーラーの選び方

皆さん、こんにちは ガマ太郎です。

今回は、おすすめのCPUクーラー3選と空冷CPUクーラーの選び方を紹介・レビューしていきます。

この記事を読めば、空冷CPUクーラーの選び方と、お気に入りのCPUクーラーが見つかるかもしれません。

おすすめの空冷CPUクーラー

1.REEVEN CPUクーラー RC-1208RGB

ドスパラ

商品のスペック

1.対応ソケット:LGA 115x / 1366 / 2011(V3) / 2066
Socket AM2(+) / AM3(+) / FM1 / FM2(+) / AM4

2. ファン回転数:500(±20%)~1500(±10%) RPM

3.ノイズ:9~20dBA

4.風量:16~49CFM

5.外形寸法:123×152×78mm

6:重量:590g

おすすめできるポイント

1.冷える

2.RGBでパソコンをカラフルにできる

3.取り付けがそんなに難しくない

4.CPUファンが2個搭載できる

1.冷えるといいましたが、どれぐらい冷えるかというと、筆者の環境ですがCPU Ryzen 1500xを最大負荷かけても最大62度までしか上がりません。通常使用では、常に最大負荷をかけるようなことはないので、結構冷えるといえるでしょう。

2.RGBですが、注意点としてマザーボードにRGBピンアサインがついていないと光らせることができません。あと、写真にあるような虹色のようには光りません。発色は、それほど強くなく、柔らかい感じです。pinは、4pinとなっています。

3.あくまで筆者が取り付けて感じたことですが、それほど難しくはなかったです。Socket LGA1151では取り付けをしたことはないのでわかりませんが、取り付け方はすこし違うのみなので、それほど苦労はしないと思います。

4.付属のやつが気に入らなければ、別のファンに変えることも可能です。また、2個取り付けることも可能です。冷却効果をより高めることができます。

2.サイズ オリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 SCBYK-1000I

ドスパラ 商品ページ

商品のスペック

1.対応ソケット:LGA 775/1150/1155/1156/1366/1151

2. ファン回転数:300±200rpm~2300rpm±10%

3.ノイズ:7.35~28.26dBA

4.風量:6.70~46.55CFM

5.サイズ:(搭載ファン含む)102(W)×130(H)×83(D)mm

6.重量:(搭載ファンおよびクリップ含む)460g

7.*ワイドレンジRPM設計

*ファン回転数なりの最大性能が常に発揮される、という設計です。
ファンの回転数を上げるほど冷却性能はリニアに上昇し、冷却能力の
急激な頭打ちが発生しません。
また、ファン回転数を落としても一定レベルの冷却性能は常に維持され、
急激な冷却能力の落ち込みも発生しません。

おすすめできるポイント

1.コストパフォーマンスに優れている

2.取り付けがとても簡単

3.ファンの取り換えができる

4.サイズが130mmと小さいのでいろんなケースに対応可能

1.価格は2000円台ととても安いですが、冷却効果が高くコストパフォーマンスに優れている商品です。

2.取り付けがプッシュピン固定方式なので、とても簡単に取り付けられストレスなくつけることができます。注意点としてインテル専用とAMD専用のものがあり、紹介しているのはインテル専用のものになります。

3.取っ手付きワイヤークリップでファンを取り付けるので、ファンの取り換えが可能です。この点は、筆者的にはうれしい点です。

4.サイズが130mmと小さく、mini-ITXを含めたいろんなケースに対応しているのもおすすめのポイントです。

3.サイズ トップフロー型CPUクーラー KABUTO3 オリジナル設計 12cm PWMファン 搭載 兜参 SCKBT-3000

ドスパラ 商品ページ←ドスパラ通販特価で安く販売されています。

商品のスペック

1.ヒートパイプ:8mm径 x3本 / 6mm径×2本

2.搭載ファン:120×120×厚さ25mm

3.ノイズ / 風量:19 ~ 26.1dBA / 5.13 ~ 66.72CFM

4.静圧:0.1 ~ 11.8Pa / 0.01 ~ 1.19mmH2O

5.ファン回転数:300(+300rpm -200rpm) ~ 1400rpm±10%

6.次世代クリップシステム(E-CLIP)採用

7.対応ソケット:Intel775/1366/1156/1155/1150/1151

8.サイズ:(搭載ファン含む)130(W)×125(H)×149(D)mm

9.重量:(搭載ファン含む)720g

10.ワイドレンジRPM設計

11.トップフロー

おすすめのポイント

1.静音性が高い

2.冷却性能が高い

1.回転数が最大1400RPMとなっているので、回転音がそれほどしないです。

2.冷却性能は、ゲームなど負荷の大きい時でも50℃前後とかなり高いです。

デメリット

1.取り付けが難しい

2.サイズが大きいためケース選びに注意する必要あり

1.SocketはLGA1151&AM4両方対応しており、この点はよいのですが、取り付け方法が異なっており、どちらの方法も取り付けがしにくい商品です。筆者がへたくそなだけかもしれませんが、本当に取り付けがしにくいです。

2.サイズが大きいため、取り付けがしにくいことと、取り付け可能なケースを選びますので、この点でおすすめができないです。

上記のおすすめできない点を気にしないという方は、CPUクーラーとしての質はとてもいいので、購入を検討してみてもいいと思います。

では、次はCPUクーラーの選び方を解説していきます。

空冷CPUクーラーの選び方

CPUクーラーは、CPUを冷やしてくれる重要なパーツになるので、しっかりと選んだほうがいいです。選び方のポイントとして主に3つほどあります。

1.ケースのサイズに合うかを調べる

2.取り付けが簡単かどうか

3.冷却性能がよいかどうか

以上の3つの点です。

1.ケースのサイズに合わないものを買ってしまうとコードが干渉してしまったりなど、問題が発生してしまうので、ケースのサイズにあったものを選びましょう。

2.取り付けが簡単かどうかですが、デザイン重視で選ぶのであれば気にする必要はありませんが、自作パソコンを初めてつくる方は、なるべく取り付けが簡単な方法のCPUクーラーを選ぶことをおすすめします。

3.デザイン重視の方でも、冷却性能だけはよいものを選ぶことをおすすめします。理由としては、CPUの熱を抑えられないとCPUの劣化が早くなること、PCのパフォーマンスが低下してしまうことなどがあげられます。

以上の点を注意して、CPUクーラーを購入することをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました!また次回のブログでお会いしましょう!