Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/pcyakudatsu/pcyakudatsu.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
ゲーミングモニターのすすめ | 自作パソコンのすすめ
パソコン周辺機器

ゲーミングモニターのすすめ

こんにちは、パソコン・自作パーツに役立つ商品を紹介お届け便です。

モニターにはいくつかの用途がありますが、今回はゲーム用途に特化したゲーミングモニターを紹介します。

名前はゲーミングモニターと名付けられていますが、映画鑑賞などにももちろん使えます。この辺を不安に感じる方もいらっしゃると思い、説明しました。

ではゲーミングモニターの特徴ってなにと思う方もいると思うので、ここでゲーミングモニターの特徴をいくつか紹介します。

ゲーミングモニターの特徴

ゲーミングモニターの特徴には主に以下の特徴があります。

1.リフレッシュレート(垂直同期周波数)が高い

リフレッシュレート(垂直同期周波数)とは、Hzを単位とし、1秒間に何回画面を更新できるかを表す数値です。この数値が高ければ高いほど、画面を更新できる回数が多く、画像をなめらかに表示してくれます。市販されているモニターの中では、240Hzが最大です。FPSゲームなどをやりたい方は、リフレッシュレートを重視するといいです。

2.応答速度が速い

応答速度とは、画面上のある色がほかの色に変化するまでの時間です。この数値が速ければ速いほど、残像が少なくなります。FPSやレースゲームなどをやる方は、この数値も重視したほうがよいです。

では、次は筆者が実際使用しているモニターを紹介します。※筆者の独断と偏見が混じっていますので、参考程度にしてくれたら幸いです。

おすすめのゲーミングモニター2選

1.LG ゲーミング モニター ディスプレイ 34UC79G-B 34インチ/21:9 曲面 ウルトラワイド/IPS 非光沢/144Hz/DisplayPort×1,HDMI×2

521″ height=”295″ />

価格 58,800円(Amazon)

モニターの仕様

サイズ 34インチ
解像度 2560×1080
液晶方式 IPS
応答速度 5ms
リフレッシュレート 56~144Hz(FreeSync適用時50~144Hz)
接続端子 HDMI(x2)/DisplayPort
USB端子 USB3.0(Up×1/Down×2)
1ms Motion Blur Reductionの有無
FreeSyncテクノロジーの有無
DASモードの有無 有(自動設定)

 

モニターの特徴

1.ウルトラワイド

2.曲面

3.リフレッシュレート144hz

4.USB機器の充電が可能

5.IPSパネル

6.FreeSync対応

おすすめのポイント

1.ウルトラワイドかつ曲面なので臨場感と没入感が高い

2.リフレッシュレート144hzと高いので画像が滑らか

3.コストパフォーマンス優秀

デメリット

1.ウルトラワイドと34インチと大きいので場所をとる

デメリットである場所に余裕がある方はぜひ、購入をおすすめします。筆者も実際に使っていますが、画面の範囲が広いのでとても使いやすく、画質もきれいで、滑らかなのですごくおすすめです。

2.【Amazon.co.jp限定】Acer ゲーミングモニター KG251QFbmidpx 24.5インチ/TN/フルHD/1ms/144Hz/DisplayPort搭載/スピーカー付

 

価格 39,798円(Amazon)

モニターの仕様

パネルサイズ 24.5インチ フルHD
液晶パネル TN/非光沢
応答速度 1ms
リフレッシュレート 144hz
入力端子 DVI-DL(Dual Link対応)/HDMI v1.4/DisplayPort v1.2
スピーカー 2W+2W ステレオスピーカー
音声入力端子 3.5mmステレオミニジャック

 

モニターの特徴

1.リフレッシュレートが高い(144hz)

2.応答速度が速い(1ms)

3.フルHD(1920×1080)

4.フレームレス

5.FreeSync対応

6.3種類のゲームモード搭載

7.ブラックブースト機能搭載

8.照準表示機能搭載

9.フリッカーレス・テクノロジー

10.6軸カラー調節機能

11.ステレオスピーカー内臓

12.ヘッドホン端子搭載

1~5、11~12の説明は省略します。

6.アクションモード、レーシングモード、スポーツモードの3種類のゲームモードが搭載されています。

7.黒の強弱を調節する機能です。

8.FPSゲームに最適な照準表示機能で、3つのデザインから選べられます。

9.眼精疲労を引き起こす要因のひとつである、フリッカー現象をバックライト機能で抑制してくれます。

10.R,G,B(赤、緑、青)に、C, M, Y(シアン、マゼンタ、イエロー)を加えた6色を調節することができます。

おすすめのポイント

1.リフレッシュレートが高い

2.応答速度が速い

3.コストパフォーマンス優秀

デメリット

1.TNパネルなので角度によっては見づらい

2.搭載されているスピーカーの音質が悪い

筆者が使用して感じたこと

1.応答速度が速いので動きがすごく滑らか

以上この二つが、筆者が実際に使用していておすすめできる商品の紹介でした。

最後までご覧いただきありがとうございました!また次回のブログでお会いしましょう。